医学部の予備校の環境

医学部を目指す学生に向けた環境を選ぶ

医学部は難関学部、と言われており志望者も多く競争率が高いことでも知られています。どのような環境を選ぶのが最も合格に近いのでしょうか。まず、注目するべきは大手予備校のいわゆる医学部進学クラス、あるいは医学部受験を専門に面倒を見る予備校の存在です。医学部は理系科目に加え、英語などの文系科目も高いレベルで完成していなくてはならないのが特徴的であり、単純に難関理系という枠組みで勉強をする学生とは課されているタスクの量がそもそも異なっていることを知らなくてはなりません。雑多に難関校を目指す理系クラス、という括りで勉強するより、医学部に絞って進学することを目指した環境に身を置くことが医学部進学には理想的ではないでしょうか。

どの大学を受験するのかでも勉強スタイルは変わる

医学部、と一口に言っても大学ごとに受験スタイルは異なります。例えば、医学に関する語彙を求めて英語を出題してくるので、それに対応した勉強スタイルを確立しなくてはならない大学もあります。また、理科でも実際の医療の現場でも必要な考え方が身についているか、というところを見てくる大学もあるのです。単純に難しい問題を解けるようになるのが医学部受験に求められている勉強スタイルではありません。自分の志望校がどのような学生を求めているのか、という点について指導してくれるような予備校を選びましょう。その受験に関するノウハウを活かして、受かる受験勉強を指導してくれる予備校かどうか、見学や体験授業、これまでの進学実績などから探ってみる必要がありそうです。

医学部の予備校の寮には隣接タイプと校舎一体型のタイプがあります。メリットは同じで、予備校に通う時間を短縮できる、質の高いライバルと協力しながら競争できる、悩みがすぐに相談できることなどです。

© Copyright Characteristics Of Prep School. All Rights Reserved.