医学部の予備校の授業料

専門性が高い医系専門の予備校は高額になりやすい

医学部の予備校は大別して大手予備校の医学部系列と医系専門があります。大手予備校は知名度が高く、様々な地域に予備校を置いているのが特徴です。そのため、地方に在住している人でも比較的利用しやすいと言えます。一方で医系専門の予備校は小規模な規模で運営している所が多く、都市部に拠点を置く傾向があります。専門性の高い授業を受けることができる他、試験対策も実用的なことが多いので医学部への進学率が高いのは医系専門の予備校と言っても過言ではありません。その分、授業料は医系専門の方が高額になるのが普通です。授業料の金額は予備校によって多少の違いはありますが、医系専門なら一年で約500万円ほどかかります。

これはあくまでも授業料だけの金額であり、入学金や個別カリキュラム管理費も加算するとさらに高額化するので注意が必要です。

試験対策に有効な授業は金銭的な価値が高い

医学部の予備校は授業料が高いイメージがあります。実際に医系専門の予備校なら500万円前後かかる他、大手予備校の医学部系列でも100万円を切る所はほとんどありません。医学部に進学するにはお金が必要なのは否定できない事実と言えますが、その一方でなぜ高額化するのかを理解しなければいけません。医系専門の予備校が高額の授業料になるのは試験対策に役立つ、実践的な授業を行っているためです。授業で使う教材も過去の試験問題を下地にした内容なので、試験対策に有効とされています。試験を突破することを目的とした授業を行っているので受験生には高いお金を支払うだけの価値があると言えるのです。

大手予備校の医学部系列の教室も基本的な授業内容は同じですが、試験に特化するよりも進学後の基礎的な知識も並行して扱う傾向があります。

© Copyright Characteristics Of Prep School. All Rights Reserved.